家族葬を松戸市でする前の知識

松戸市での家族葬の定義

松戸市での家族葬の定義の写真

家族葬は、一般的な葬儀の中では小規模な形になることが多いですが、比較的宗教にとらわれない形や、故人と家族との分離を重視したスタイルなど、様々な形があります。

家族葬には特に決まった形がないため、伝統的な風習やマナーに固執することなく、故人がやりたかったことを取り入れたり、アルバムなどを見て故人を偲ぶなど、遺族や故人の希望に沿った形で葬儀を行うことが一般的になってきています。

葬儀とは、人の死を悼み、故人を弔う儀式です。宗教的な意味合いや役割を持つ儀式ですが、社会の変化に伴い、宗教に対する捉え方も変わってきています。そのため、無宗教の葬儀を行い、家族や近親者と故人との別居を称える家族葬を選択する人が増えています。また、葬儀にあまりお金をかけたくない、故人の遺志に沿った小規模な葬儀をしたい、故人が高齢のため友人・知人が少ないなどの理由で、家族葬を選択する人も増えています。家族葬は近親者が行うため、近所の人や仕事関係者は参列できません。これでは参列者が限られてしまうため、家族葬であることを明確にしておくことで、故人の友人や親族が「知らせたかった」と言ってしまうなどのトラブルを防ぐことができます。友人や親族が後から故人の死を知り、弔問に来る可能性もあります。家族葬なので参列者が少ない場合は、故人との関係性によっては、親族や友人などにも参列者の範囲を広げる必要があるかもしれません。一般の方に「家族葬」とはどのようなお葬式なのかを聞いてみると、「家族だけで行うお葬式」や「お金をかけないお葬式」という回答が多いようです。あまりにも言葉が先行しているために、重要なポイントを見失ってしまうことが多いのではないでしょうか。

家族葬も「家族葬」を謳っていますが、厳密な区別はありません。家族だけでなく、親族や友人が多く参列することもありますし、参列者が少なくても、故人に感謝する人もいますし、送り方によっては多額の費用をかけて葬儀を行うこともあります。一つの考え方としては、家族葬とは限られた人数で参列者を募って行う葬儀のことです。誰でも参加できる一般的なお葬式と、限られた人数で行う一般的なお葬式とは異なります。葬儀の人数や費用を予測することができるので、準備がしやすくなりますが、中には参列できない人もいるので注意が必要です。そのような心配をしなくてもいいように、生前に家族葬のことや、お葬式に招待される人のことを遺族に伝えておくことが大切です。家族葬で一番大切なのは、事前の準備だと思います。

また、家族葬の場合、遺族が香典を辞退するケースが多いです。その場合、葬儀にかかる費用は全額自己負担となり、場合によっては通常のお葬式よりも高額になることもあります。直葬は火葬式とも呼ばれ、テレビでは「故人が亡くなった後に直接火葬場に遺体を運んで火葬するので直葬」と表現されることもありますが、実際にはそうではなく、自宅や葬儀場に故人を安置しなければなりません。これは、日本では故人が亡くなってから24時間後に火葬しなければならないからです。密葬という言葉もありますが、直葬も密葬の一つです。密葬を行うということです。密葬と家族葬との線引きは難しいですが、人を呼ばずに弔問を行うことと表現できると思います。費用が安く済むこともありますし、葬儀にお金をかけられない、あるいはかけたくないという人や、故人が自分の意思で葬儀をしないことを選択していたというケースも少なくありません。しかし、もちろん他の葬儀と比較した場合、十分なお別れができなかったために、後日、遺族がその決断を後悔したというケースもあります。費用の問題もありますが、家族葬と同じように、生前に自分の希望を伝えておくことで、直葬や密葬の準備をしておくことはとても大切なことだと思います。

松戸市での家族葬なら葬儀社グランドセレモニー