家族葬を松戸市でする前の知識

松戸市の家族葬のマナー

松戸市の家族葬のマナーの写真

家族葬はお互いに気の置けない人だけが参列する葬儀なので、喪主の判断で私服で参列する可能性があります。

必ず告知書を確認して、服装の指定がないことを確認しましょう。服装と同様に、香典を用意する前に告知書をよく確認しましょう。告知書に「香典や花の供養は固くお断りします」と書いてあれば、香典はおろか、花さえも供えてはいけません。それでも、念のために「それでも」と言って香典を用意しておきたくなりますが、受付すらしていない可能性が高いです。家族葬に参列した後は、「良い式だった」と遺族に伝えるのがマナーです。このような新しい形の家族葬に挑戦した遺族には、不安なことがたくさんあります。「人が少なくて寂しいと思われたのかな?周りからどう思われていたのか?他の人にどう思われるのだろうか』という不安。そんな時、参列者からの一言だけでもホッとします。」落ち着いた素敵な式でしたね。自分の言葉が遺族の気持ちを和らげることができるということを忘れないようにしましょう。以上のように、家族葬に参列する人は、通常のマナーに加えて、家族葬特有の事情を考慮して行動するようにしましょう。次に、家族葬に参列しない場合のマナーをお伝えします。葬儀に出席しない場合、弔慰金や弔電を送りたくなりますが、注文する前に告知書を確認しておくことが大切です。香典や供花、弔電は厳禁」と書かれていませんか?その場合は、何も供えられないので注意が必要です。弔電を入れる場合は、「香典・献花式は」と書かれていなければ、弔電だけでも構いません。それでも送りたい」という気持ちを優先させないようにしましょう。というのも、予期せぬ香典を受け取った場合、準備していなかった香典返しが必要になるからです。遺族の希望を最優先にしましょう。参列できないとわかっているときに遺族に電話でお悔やみの言葉を伝えたくなりますが、葬儀前には極力控えるようにしましょう。遺族が家族葬を選ぶのは、できるだけ他人に迷惑をかけたくないからです。本来であれば故人とゆっくりとした時間を過ごせるはずの葬儀前に、お悔やみの電話が殺到すると、せっかくの葬儀が台無しになってしまいます。お悔やみの電話をする場合は、物事が落ち着いた葬儀の後にするようにしましょう。参列できない場合は、せめて葬儀が終わってから弔問をしたいと考える人もいるかもしれませんが、その場合でも遺族の状況を考慮した上で行うようにしましょう。故人が一人暮らしをしていたような家であれば、葬儀後に喪主が帰宅することもあります。喪主が仕事をしていた場合は、自宅での時間の調整が難しいかもしれません。まずは電話でお悔やみの言葉を伝えてもいいかどうかを聞いてみるのがベストです。また、ハガキや手紙を送ることでお悔やみの気持ちを伝えることもできます。ハガキや手紙を書いて遺族に気持ちを伝えましょう。ただし、遺族が香典などの供物を断った場合は、喪中に香典などの供物を含むお見舞いを送るのは控えましょう。家族葬に参列できない場合は、喪主の立場や状況を考慮して行動することが大切です。では、会社や近所付き合いなど、義理の親族中心の関係の場合はどうすればいいのでしょうか?これについては、次項で説明します。社員の親族が亡くなり、家族葬となった場合は、特に本人とのコミュニケーションが重要になります。