家族葬を松戸市でする前の知識

松戸市の家族葬の良い所

松戸市の家族葬の良い所の写真

家族葬の最大のメリットは、故人を静かに偲び、遺族の悲しみを和らげるために心を込めたアットホームな葬儀を行うことです。

家族葬が特に特徴的なのは、お通夜の時です。昔は、通夜・葬儀は遺族や親族だけが出席して故人を偲び、翌日に行われる「告別式」で一般の喪主がお別れの挨拶をするのが一般的でしたが、最近では「家族葬」と呼ばれるようになりました。これが「告別式」の意味でした。しかし、戦後の首都圏を中心とした高度成長期以降、職場の制約から、故人のことをあまり知らないが、葬儀は社交の場だからといって参列する人が増えてきました。そのため、故人のことをよく知らないのに、わざわざ社交の場だからと葬儀に参列する義理の親族が増えています。家族葬の性質上、一般的な葬儀に比べて参列者の数は少ないのが一般的です。家族を亡くしたご遺族にとって、葬儀に参列する大勢の人への対応や、大規模な葬儀の手配などは大変なことです。家族葬であれば、これらの負担を最小限に抑えることができます。また、家族の人数が少ない分、生前の故人の希望や、出棺前の限られた時間を家族だけで過ごすことができるなど、細かい部分にも柔軟に対応できるため、故人の希望を葬儀に反映させることができます。また、限られた人数でゆったりと回想の時間を過ごすことも可能です。時間があればあるほど、故人と親しくしていた人たちと一緒に過ごすことができるので、故人への感謝の気持ちを伝えることができます。家族葬のメリットとしては、故人とのお別れの時間を十分に過ごせることが挙げられます。家族の集まりなので、一般の方とのやりとりや故人のお世話をする必要がありません。そのため、特に長期の介護で疲れているご家族の精神的・肉体的な負担が軽減されます。また、参列者が少ないことで、供養や食事の回数が限られるため、葬儀費用の削減にもつながります。一般的な葬儀では、参列者の数が多くなることが予想されますので、参列者への気配りが必要になります。故人とのお別れの悲しみに圧倒され、その心理的負担を少しでも減らしたいと考える人もいます。家族葬であれば、親しい関係にあった家族や親族だけで行うため、遺族の精神的な負担を軽くすることができます。また、伝統を重視する伝統的な葬儀とは違い、家族葬では家族と親しい友人だけで故人とのお別れをすることができるので、家族で過ごす時間を増やすことができます。そうすることで、より多くの時間を家族と一緒に故人とのお別れの時間を過ごすことができます。家族葬は故人が生前に親しくしていた人だけで行うため、葬儀の内容は比較的自由にすることができます。例えば、故人が趣味で作ったものを展示する人もいます。例えば、故人が趣味で作ったものを展示する人もいますので、生前に故人の希望を自由に表現して、幸せな旅立ちをすることができます。一般的な葬儀では、故人と関係のあった人たちと一度にできるだけ多くの人と一緒に故人を見送ることができます。これは、後日故人をお見送りする家族葬のデメリットでもあります。故人にもよりますが、参列者数が数百人単位になることもあり、大規模な告別式を行うことも可能です。少人数の家族葬の場合は、原則として追加料金はかかりません。参列者の人数がほぼ決まっているので、事前に予算を決めておくことが可能です。親族や近親者が主な参列者となるため、多くの参列者への挨拶や介護の心配がありません。体力的にも精神的にも負担が少なく、故人を偲ぶ時間を確保することができます。参列者が少なくなるので、葬儀費用を抑えることができます。その理由は、返礼品や料理の負担が減るからです。また、「こんな家族葬にしたい」という希望を叶えやすいのも家族葬の特徴です。