家族葬を松戸市でする前の知識

松戸市の家族葬の特質

松戸市の家族葬の特質の写真

葬儀プランは大きく分けて4つのタイプに分けられます。

「火葬式」「一日葬」「家族葬(密葬)」「一般葬」です。火葬式や一日葬は、儀式がなかったり、短縮版があったりする比較的新しいお見送りのスタイルですが、家族葬(密葬)は、火葬式や一日葬ではなく、一般的なお見送りのスタイルです。家族葬(密葬)や一般葬は、故人を搬送した後、通夜・告別式・告別式を行い、火葬するまでの流れを踏襲した一般的な葬儀プランです。それぞれのプランの特徴や期待できることを見ていきましょう。火葬式は、通夜・葬儀・告別式を行わずに故人を見送り、火葬のみを行うスタイルで、「直葬」とも呼ばれています。このスタイルは、「式を挙げたくない」「地元で新しい葬儀をしたいから火葬だけにしたい」「経済的な理由で最小限に抑えたい」という人を中心に、都市部でも人気が出てきています。火葬式を選ぶ際にまず考えなければならないのは、ご遺体をどこに搬送して安置するかということです。日本の法律では、死後24時間は遺体を火葬することができないため、火葬は遅くとも翌日以降に行うことになります。火葬場の空き状況にもよりますが、数日待つ必要があり、その間に故人の遺体をどこかに保管しておく必要があります。故人が入院していた病院では、翌日まで安置できないことがほとんどなので、自宅や霊安室への搬送が必要になります。遺族が最初に決めなければならないのは、安置所の場所ですので、事前に考えておくことが大切です。次に、お寺との関係も考えておきましょう。式はしたくないが、最後にお経をあげてもらいたいという場合は、火葬場に住職に来てもらい、火葬炉の前で告別式のお経を読んでもらうという方法もあります。ここで注意しなければならないのは、もしあなたに菩提心を持っている人がいる場合です。葬儀を行わないことを理解してもらえず、遺体の埋葬やその後の法要に支障をきたす可能性がありますので、事前によく相談しておくようにしましょう。一日葬とは、通夜を行わずに葬儀と火葬を一日で行い、上記の火葬式に告別式を加えたスタイルのことです。別名「一日式」とも呼ばれています。火葬では寂しいと感じているが、2日間の葬儀では負担が大きいと感じている方や、スケジュールや体力的に2日間の葬儀は難しいと感じている方のためのプランです。主に近親者のみに故人の死亡を知らせ、告別式に参列してもらいます。お別れのシーンを持つことができることから、首都圏では一日葬が人気を集めていますが、注意しなければならないことがあります。それは、式場が半分になったからといって、祭壇装飾や供物が半分になるわけではないということです。祭壇飾りは二日飾っても一日飾っても同じものですし、お供え物はその性質上、シーンごとの料金や時給ではありませんので、神父さんに来てもらっても通常と同じように包まれてしまいます。省略できるのは、通夜食や参列者への返礼品などの限定的なものです。また、菩提寺の考え方によっては一日葬ができない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。